Nicotto Town


JEJE 昔の名前ででています。


もの書きの巣窟


「春 うらら」


川沿いの 八重桜 心地よい春風に 舞い上がり

花吹雪 花筏 その花筏はどこへ行く

一年前の 今の季節を 私は 覚えていますか?

その一年の間に起きた事 私は 全て 覚えていますか?

いつの間にか 一年が過ぎ またここで 私は生きています


その間に あった事 辛い思い出しか 

思い出されないけれど
 
その中で またこうして 桜の季節を 迎えられた事


今は去年の様に この花筏に 夢を託して 

また 一年後に 巡り合える事 祈っています

変わらぬ 今日の出来事が 明日へと 繋がる事が 

今では 一番 幸せな事

春うらら 花吹雪 そして花筏

 願いを込めて 幸せを乗せて どこまでも 運んで 行って

春うらら 花吹雪 そして花筏

いつまでも その景色を また見たい私が ここにいます。

                               


                         by  JEJE

アバター
2019/05/18 15:14
胡桃さん

コメントありがとうございました。

私は、あのサラブレッドの姿の美しさに完全に心を奪われてしまいました。

以前は必ず、土・日は「中山・府中」へと横断幕を持って行き、夏には「新潟競馬場」そして「馬産地巡り・札幌競馬場」と行っていたものです。

ファルコはとても「温和」で「優しい」お馬さんでした。

「根岸のポニーセンター」に来た時にも、みんなから愛されていましたよ。

胡桃さんも、体には十分気を付けてお過ごしくださいませ。



コメントを違反申告する
アバター
2019/05/17 15:11
こんにちは
コメントこちらで いいのか分かりませんが;;

ブログを拝読させていただきました。
陳腐・ありふれた感想ですが、ねねママさんとファルコとの固い絆を
見せていただいた気がします。
暫くは涙が止まりませんでした。

1度はファルコに会いに行きたいと思いながら
北海道在住の身 また家庭の事情で会えぬまま
ファルコは遠い世界へ旅立ってしまいました。

ファルコとの日々をブログに書いて下さって
ありがとうございました!!


大病をされたそうですが、お大事にです。
コメントを違反申告する
アバター
2019/04/18 03:45
茶実さん。
再度、コメントありがとうございます。

綺麗な物を見れば、自然とそこに「歌や曲も降りて来る」

幸せな時も、その言葉を素直に表せる。

悲しい時も、また自然と歌に出来る。

小さなかけら・・・そうですね。

小さな星屑の様な言葉を大切に、拾いながらまた「詩」や「歌」を作って行きたいと思います。

本当にありがとうございます。
コメントを違反申告する
アバター
2019/04/17 09:22
わかります。辛いときほどため息でもつくように言葉が浮かんできて
詩神のイメージを受け取りやすくなりますよね。

不幸な時期ほどあふれるように書けないかもしれないけれど
満たされているときにだけ書けることもあると思うので
小さなかけらでも残してつないでいけたらいいですね^^
コメントを違反申告する
アバター
2019/04/16 22:00
おかぴーのおばけさん、お帰りなさい。

私は、6月にマンションの「専用部分」の「給水管」工事の為に、丁度「室内に開ける穴」が二か所とも「本だな」が置いてあり・・・まずは、「本の整理」かなり捨てました。また困ったのが、息子達二人が残して行った「本やお宝物」どこまで捨てていいのやら・・・。

よくよく見てみると、「プレミア」が付くものもいっぱい有ったり・・・。

取りあえず、丁度いい機会かもしれません。次男が生まれた年に今のマンションに引っ越して来たので、既に30年以上経ちます。

いらない家具もあるし・・・良い断捨離になりそうです。

しか~し、一人では中々はかどらなくて、一つ、一つ片付ける事にしました。

また、よろしくお願いしますね。
コメントを違反申告する
アバター
2019/04/16 21:53
茶実さん。

コメントありがとうございます。

私は、以前は天から「詩」が降りて来たり、「シンガーソングライター」だったので、それこそふと寝てる間にも曲が降って来たり、必ずベッドの横にメモ帳を置いていました。

でも、ある時から「詩を書く事ができなくなったのです、そして昔みたいに天から「詩も曲も降りて来なくなってしまった。

忙しすぎて、周りを見る暇が無くなった・・・仕事帰りに、ボーっと夜空を見上げていた時には、まだ「詩」が書けていたのに・・・。

ある時、気が付いたのです。「不幸」を感じている時に、ふとそれを埋める様に「詩」が天から降って来て、「曲」が舞い降りて来る。

 本当は、今まではライブでステージを走り回ったり、スポーツも「乗馬・テニス」と駆けまわっていたのに・・・もう11年前か・・・「股関節」の大手術を受けて、走る事さえできなくなってしまいました。

「YouTube」にも今まで作った曲をいくつか上げているのですが・・・以前指導して下さった「音楽プロデゥーサー」からは、余りにも「暗すぎる」と言われたり。

 春の「詩」って私殆ど無くて・・・久々に書けました。「茶実さんが幸せで充実しているのを感じられる」という言葉に、救われたような気がします。そう・・・こうして「生きている事」が「幸せ」何だな~って。

これからも、今度はふと幸せを感じた時に、書くようにしてみますね。
コメントを違反申告する
アバター
2019/04/16 21:06
ただいま戻りました。
桜は開花宣言のころそれが葉桜になってしまいました。
タウンイベントもなんだかわからず浦島太郎状態です^^
娘と孫が手伝いに来てくれましたがほぼ一人で積み込み
新居へ運び込みました。2階から2階だからとってもきつかったですよ。
毎日両足に湿布を8枚。何にしろ捨てるものが多くって。
市のリサイクルセンターに毎日のように通いました。
自分の部屋のものを最後にしたので部屋の中は片付かない荷物に埋もれてます。
何よりも部屋数が減りその分捨てねばならないものが増えまして、
あれもこれもと持ち込んでも置き場がないので結局は処分することに。
納まらないのと時間的な無理が生じてレンタルボックスを短期で借り
そちらに入れることでしのぎました。
使うつもりだったベッドは2台処分しました。
事務所兼自室は4.5畳と小さくなったので当然ながら捨てる捨てる
そんな感じです。1~8日まで雨がなかったのは、晴れ男の面目躍如かな
とってもラッキーでした。
きょう15時にやっとインターネットと電話がつながりました^^
改めてよろしくご指導ください^^
コメントを違反申告する
アバター
2019/04/16 14:39
ねねママさんの日々が幸せで充実しているのを感じます^^
桜のお花見がは素敵な一年の計ですよね。
コメントを違反申告する
アバター
2019/04/15 18:35
‡ 汐 ‡さん。

コメントありがとうございました。

関東地方の「相模川」ってご存知でしょうか?

「相模ダム」から、流れて来ている神奈川では大きな河川です。

私はその途中の丁度「三川合流地点」近くに住んでいます。

そして、私のマンションのすぐそばに「相模川」に繋がる本当に、小さな川が流れています。

よく、その川の横を散歩をしています。

ようやく、「詩」らしい物が書く事ができました。


コメントを違反申告する
アバター
2019/04/14 10:09
流れの緩やかな川が、流れているのかな。
桜並木と、小さな川は、神戸に住んでいた時の生田川を思い出します^^
そこはすぐ海で、花筏もまたどこか違う世界に行ってしまう感じでした。
季節はまた巡ってくるけど、去年とは違うまた新しい花筏が、また違う海へと
旅立って、いつかどこかの海で再会できるのを待ってくれてるのかも・・・
なんて、ねねママさんの言葉を読んで思いました^^
コメントを違反申告する




Copyright © 2019 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.