Nicotto Town



雌伏の5月

5月1日、令和の世を迎えて初バーフバリ鑑賞して以来、気になる映画は数あれど、おでかけそのものを自粛中。


6月が、やばいからだ。

まずは6月7日。
パドマーワト女神の誕生 日本公開
http://padmaavat.jp/
前にも書いたインド版ロミオとジュリエットの、バーンサリ監督とランヴィール・シン+ディーピカの黄金トリオの、インドでいろいろ大変だった最新作が、ついに日本公開だ!

既にBDを取り寄せ、その耽美な世界に浸ってるぞ!
30キロにもなる凄まじく装飾過多な衣装とアクセサリを身にまとい、軽々と舞うディーピカさんの絶世の美女ぶり!

その美女を一目みたい手に入れたいという妄執に取り付かれたイスラム教王のランヴィールさんの怪演も見事!

試写会も行けることになった!

でも何度でも大スクリーン、日本語字幕で観たいに違いない…

同日、「クローゼットに閉じ込められた僕の奇想天外な旅」公開。http://clotabi-movie.jp/
ラノベみたいなタイトルだけど、これもインド映画だ。

同日、「海獣の子供」も公開される。
https://www.kaijunokodomo.com/
こちらはインドっぽい濃い顔の美少年美少女が出るが、完全日本作品。
原作がねえ…映像化要らないでしょ?というくらいに、線画だけで、絵が動く、色が見える、オノマトペないのに音が聞こえる、匂いがする、雨粒や、まとわりつく髪の感触までくる…という、五十嵐大介作品の映像化。
今のところ、なかなかよさげ。観ないわけにはいかない。

15日。さあ大変だ。
ガルパン最終章二章公開。
これは、一回というわけにはいかない。本気でどこを最初にしようかと悩んでいる。
劇場巡りの再開だ。

同日「サンジュ」公開。
ああ、これは今のところお勧めとかしない。
バーフバリの配給会社が買い付けたので、ご恩返しに行く義務がにあるだけだ。
インド俳優って、本当に政治や…ある意味マフィア的な存在になりかねないんだね…
ていう、大スターにしてプロデューサーにして政治家のスキャンダラスな実在の俳優を描いてインドで大ヒットだそうだ。

…いや、日本人の大半、知らない人だし!

が、たまたま高値で取り寄せたRanaさんの昔の映画の共演者がその当の俳優さんで。

Ranaさん、いろいろ学んでいるんだろうなあW

そして29日には、「魅惑のテルグ映画Ranaさん編」。
どの作品が来るのかまだ決まらないけど、いければいくしかないですよね?

そして今は、日本を護るために闘うのだ…

アバター
2019/05/19 08:32
どんどんていさんようこそ~

って、新人さんに何の研修をwww
コメントを違反申告する
アバター
2019/05/18 22:06
こんばんわ~

連休明けから新人が各部署に配属になり
現在新人教育の真っ最中
業務内容については当たり前のことだけど
ウチの新人にはもっと重要な仕事がある!

それは先輩たちが愛するネトゲの中の人になってもらうこと
打ち合わせ等で長時間席を空けなくてはならない時
彼らは非常に貴重な戦力となります

まずは利用者の多い「艦これ」から教育スタート
呆れ顔の新人を見るのもこの季節の風物詩となってきましたww


さて
6月は映画巡業の月になりそうということで
今から楽しみで仕方ないって感じですね

インド映画も楽しみなんでしょうが
やはりここは「ガルパン」が最優先事項となるんでしょうね
各地域の映画館を回るのは当然のことでしょうけど
聖地大洗も大いに盛り上がりそう!
ガルパン放浪記がここに記載されるのは楽しみにしてまーす♪

それでわー
コメントを違反申告する




Copyright © 2019 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.