Nicotto Town


速水猛のブログ アルカディア「Ἀρκαδία 」


仮面ライダー3号38話


そして、真夜中のニューヨークの空と地上で、大激戦がはじまる

トルネードを止めると、変身した、姿の速水が大地に立ち、そこに二人の、ライダーマンが駆け寄る
「コウモリ)は戦闘員達をむかわせる

「速水」「さあ、二人とも、オレに力を貸してくれ」レビたちは答える

「レビ)「行くぜ、ダブル、アーム)滝とレビは、技を使い、戦闘員たちを倒し、蝙蝠男を牽制する


「コウモリ)「ライダー達は手強い、たが、オレには空を飛ぶ力がある、まずは緑の仮面ライダーだ、」そして、蝙蝠男は、「速水)捕まえると高い空に飛んでいく、
「速水)「まんまと、オレの得意の空に持ち上げてくれたな)、「コウモリ」
「何、お前は、空を飛べるのか、それは、ありえねえ」流石に驚く、コウモリ

「レビ)「肝心なことを忘れてるな、速水さんは、空を飛べるんだよ」


「速水)「ライダーブースト)と叫ぶと腰のブースターを吹かし、空を飛ぶ

「コウモリ)「何、オレを落とすのか、」

「速水)「喰らえ、ライダーブーストキツク)空中でブースター加速をかけ、キックを食らわし、コウモリを地面に叩きつけ、トドメを入れる

そして、空中から地面に舞い降り、スカーフが風になびいた、そして、朝日が空に上る

アバター
2018/08/26 21:43
大当たりです、原理としては、ベルトのタイフーンの風を圧縮して、燃料を混ぜたものをラムジエットで、点火噴射して音速を超えたスピードを出しているということにしています
コメントを違反申告する
アバター
2018/08/26 21:10
ライダーブーストって小型のジェットエンジンみたいなものですね
今じゃ空中に浮くレクサスホバーボードなんかも実現されてるし、本当にライダーやアイアンマンが実現する可能性もある、楽しみな時代になってますよね。空飛ぶ車もあと5年もしたら見かけるようになるかも?
コメントを違反申告する




Copyright © 2021 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.