速水猛のブログ アルカディア「Ἀρκαδία 」

速水猛

ここは、小説もあるよ

孤剣(銭安の頼み」

自作小説

そして、伊庭大介は、雨がやんだ頃を見計らって、外に出ていく


夕闇の迫る、稲毛の町をまた歩いていく、そして、露地に入り込んでいく、銭安の身内がっけてくる、親分の(銭安)もふんぞり返っている、そして、露地の奥の行き止まりにくると、銭安の身内と、対決をする、大介は、銭安の身内の繰り出してくる、竹やりを足場に、飛び上がると、一番手前の身内を、2、3人、同田貫どうだぬき)でたたき切り、蹴り倒し、左手に持ちかえ、鎧通しを
右手にとると、抜きはなっと、銭安の首に、付きつける、(大介)(俺をやとうかい、それとも、迷わず、首と、胴体が、生き別れになるかだぜ、唐犬の親分なら、高く買うぜ」と、凄む、、(銭安はあわてて、金は欲しいけ出すから、助けてくれ」
(大介」(俺の買値は高いぜ、仕度金、300両、月に50両だ、たまには賞与もな」
(銭安」「わかったわかった、払うから、助けてくれ)と座り込む、

そして、周りの子分達、を退けさせながら、後ろを見せずに、歩いていく

「銭安」(返事はどうする、どこにいけばいい」
(大介)(町の隅の荒れ寺に、くればいい、俺はそこをねぐらにしている」

続く

  • 虹

    2019/11/18 03:28:22

    おはようございます。

    サークル連絡です。

    活動確認をすることにしました。
    11月30日までに、活動確認掲示板にコメントをお願いします。

  • 黒真珠の涙

    黒真珠の涙

    2019/10/26 04:12:03

    おはようございます。

    サークルで、じゃんけん大会の参加者を募集しています。
    一緒にじゃんけん勝負をしてみませんか?