Nicotto Town



ゼロックス杯の感想

2021シーズンの幕開けを告げる富士ゼロックススーパーカップ。

我がガンバ大阪、予想以上の善戦でした(拍手)
あの圧倒的異次元強い川崎さん相手に押しまくる時間帯があったのは喜ばしいことです。
2点差開けられても自分たちの流れの中で追いつけたのも喜ばしい。
(昨季は2点差を追いつけたゲームは1試合もなかった‥‥!)
あと30秒のところで負けたのは悔しいのですけど全体的にポジティブな印象の残るゲームでした。
ペレイラやチアゴが馴染んできたら楽しいことになりそう。
しかも宇佐美、ヨングォン、昌子、福田くん、セジョン、小野ゆなど、昨日は出られてない主力級も控えてますし。
あとは‥‥監督のセンスやーーーーーー!


で…実はガンバと同じくらい楽しみにしていたのが審判団。
今季の判定基準を示すという重要な役割を担っているらしいので、どなたが担当されるのか興味津々でした。
---
◆審判団(敬称略)◆
主審・荒木友輔
副審・渡辺康太、浜本祐介
四審・中村太
VAR・木村博之/AVAR・野村修
---
主審に荒木さん、VARに木村さんとは手堅く選りすぐってきたな~という印象。
副審のお2人は全然知らなかったけど渡辺さんは今年国際登録された方ですし、期待されてる方々なんだろうな。
とてもスムーズな進行ぶりで本当に良いレフェリングだったなぁと(拍手)

そして…四審は(私の大好きな)中村太さんですよ‥‥!
四審といえばめっちゃ暇そうに見えて実はなかなか忙しいらしいポジション。
万が一主審に何かあったらピンチヒッターしなければいけない重要なポジション。
前半は交代もなく影薄く全然映らなかったんですけど…後半大活躍でしたね。
電光ボード高々と掲げたりスイッチ一つで切り替えたりする太さんが見れて感無量でした(*´ω`)

あと最後になりますが…
実況者が「微妙な判定のときにはVAR」という説明しているのが気に入らなかったなぁ。
そう言っちゃうとVARへの大きな誤解を招きそう┐(´д`)┌
TL見てても「(2つ目のハンド疑惑)PKかどうかVARチェックしてほしかった」というの見かけたし…
いや見てるんですよ…もちろんVARチェックしてくれてるんですよ…その上でノーハンドなんですよォォォォ!!
審判に求めるだけじゃなく、サポーターも情報アップデートしていかないといけないよな…と思ったVARでした。




Copyright © 2021 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.