Nicotto Town


五十六@忍殺


とうとう見ちゃったよ”麒麟が来る”

話自体はなかなか良かったです。俳優が意外な人をつけてきたりして

戦国キャラのイメージがいいイメージで刷新されていて。
殊に松永久秀が悪者キャラではなく、飄々としてユーモラス、そして意外にいい人だったので
とても新鮮でした、話が進んでも妖怪キャラにならないことを願います。
明智光秀が主人公らしく、真っ直ぐで心優しい、そして今までのクールな智将のイメージに加え、
熱くて豊かな感情の持ち主となっていました。
これは長谷川博巳さんのイメージにとてもつきづきしいと思うのですが、反面
光秀の最期というのは、領民にボッコボコにされて終了なので
それを思うとなんとも辛くてなりません、最終回は新解釈でお願いしたいです。
時代考証の小和田先生は直虎の時と違ってかなり饒舌にインタビューに答えていらっしゃったので
きっと歴史オタも納得するような良い話になるんじゃ?と期待します。
映像に関しては、、、すでに賛否が出ているようですが、やはりカラフルすぎな感じはしました。掴みの野盗との戦いの場面、地面の草や稲がやたらに明るい色で不自然でした。
服装が当時ありえないような現代アートなデザインで色鮮やかで、というのは制作側のポリシーで仕方ないとしても
服が擦りきれてないし汚れもないし、町行く人たちの身分や経済力が身なりからさっぱりわからないのがおかしいなーと思って仕方ないです。
以前ちょっと見て画面が汚すぎて見づらいなーって思って切っちゃった”平清盛”とちがって
ヴィジュアルが目に優しい楽しい感じではありましたが、やはり違和感がすごかったです。
他にもやたらCGの使いすぎで画面が浮いてる箇所が多かったです。
大河というビッグネームと切り離して土曜時代劇みたいなつもりで見たら
まあ、観れるかなーっておもいます、ただ、一年が長すぎてこれから不安です(汗


アバター
2020/01/22 19:30
画面の見易さは重要ですよね、
以前やっていた”精霊の守り人”の映像はリアルを追求し過ぎて埃っぽくて画面が霞みがかっていて
”美しい女剣士バルサ”ということで綾瀬はるかさんを起用したというのにあまりにばっち過ぎて
さっぱり美しく見れませんでした。
普段韓国歴史?ドラマの番宣が流れるたびに”これはねえわ”とツッコミ入れている歴オタとしては
あの鮮やかなプリント柄の着物や松永久秀の着物みたいに、
当時このパターンと刺繍は絶対なかっただろう、というところは
韓国ドラマと同じ考えなのかなーと思ったりするのですが
戦国BASARAを見ていると思えば全然普通に見れたりします。
話のどこかで誰かが戦の際に”レッツパーリィー!ヒアウィーゴー!”とか言ってくれたら面白いなーって思いますW
そういえばその昔、必殺仕事人で”オッケー”とかサンキュー”ってセリフがW
コメントを違反申告する
アバター
2020/01/21 23:42
麒麟…麒麟と言えば…ああ小説の『十二国記』ね…
なんて、今日ふと麒麟つながりで思い出しました。

「麒麟がくる」の初回を視聴してみて、必要意外に
砂ほこりが舞う演出が無くてよかった~。湿っぽい日本の風土に、
砂ほこりはあまり合いません。
リアルな演出よりも、カラフルに生き生きと、
新しいイメージの光秀像を視聴者にみせようという、
制作者側の意気込みは、感じました。
と、言っても…光秀には個人的には思い入れが無いので、
とりあえず3回目まで視聴して、1年間見続けられるか
判断しようと思います。では、またね♪
コメントを違反申告する
アバター
2020/01/21 15:34
ぜひ見てください。多分、最先端高画質映像なので鮮やかな色味にした方が印象強くて映えるんでしょうね。
実際、色味が乏しかったり、くすんでいたりすると映像の迫力が狙い通りに出てくれなくて、視聴者にも印象が薄くてすぐ離れてしまうことも考えられます、多分画面から受け取る強いファーストインプレッションを掴みにしたかったので敢えてありえないような映像にしたんじゃないかなーと。CGは、アニメの方はかなり画面と親和性が高まった気がするのですが、3次元映像だとまだまだ途上かもしれませんね。
コメントを違反申告する
アバター
2020/01/21 09:34
映像の技術が上がれば上がるほど、CG等の技術の差なんかも鮮明に見えてしまうところがジレンマなんでしょうね。
等と言いつつ録画失敗してて1話まだ見れてないんですけどね・・・
土曜の再放送は失敗しないように録画しなくっちゃ。
コメントを違反申告する
アバター
2020/01/20 22:13
光秀って37歳くらいまで何やってるかさっぱりわかってない人ですよね?
ついでにあまり裕福じゃなかったみたいだし昨日の光秀の屋敷とかものすごい違和感があったんですよ、
土岐源氏の誉のセリフ、めっちゃ違和感あったんですよね、本人も謎な人なのにお父さんの名声とか。。。
斎藤道三の奥方の病気と京都の名医を連れてくる話は、最近わかったらしい、光秀が医者を営んでいた、ということの布石なんでしょうね。
既出の歴史に即して作っている、という意味ではギャグアニメとかの方が忠実だったりするんですよね、皮肉なものですW
コメントを違反申告する
アバター
2020/01/20 21:57
わしも見ました
土岐源氏の誉ってセリフが面白かった
でも次は見ないな。。。
コメントを違反申告する



Copyright © 2020 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.