Nicotto Town



キャロル キングと・・・

大きな窓から外の見える喫茶店

砂糖だけを入れた
気持甘めのコーヒーもたまには良い

電車が到着したのだろう
大勢の人が足早に前を通り過ぎていく

顔を見合わせる事もなく
同じ方向を目指して

キャロル キングの歌が聞こえる
It's Too Lato

人の流れは戻せるかも知れないけど
自分の気持ちはもう戻せない

今は9月
単純に270回の少しづつのすれ違い

傷って修復をしないと
やはり大きくなっていく

文庫本に目を向ける
今村夏子の「こちらあみ子」

裏返すとなんとなく悲しい話
今の自分とはちょっと違うけど

雨が降って来そうだ

窓からの景色が
一瞬暗くなった

アバター
2019/09/09 01:28
ねこみみ様

自分は普段は何も入れないで飲みます
でもコーヒーによってはミルクが合うものもありますけどね

仕事前は甘いのを飲んでエネルギーの補充?
これ本当です

この詩では想像通りちょっぴり疲れ感を
漂わせてみました^^
コメントを違反申告する
アバター
2019/09/09 01:18
甘めのコーヒーが美味しいのは少し疲れているからでしょうか?
コメントを違反申告する
アバター
2019/09/09 01:01
ゆうな様

傷は無限大に広がっていくのか
離れたまま平行線なのか

修復の可能性?
気持は戻る可能性もあるかも知れません

でも想いだけでは難しいことも・・・
ハッピーエンドで終わらせたいですね


粋生夢詩様

狭い喫茶店の空間
独り閉じこもっている自分

その事は本人は気付いていないかもしれません
でも敏感に音楽や外の景色や本の筋書きに反応している

心が敏感になっているのでしょう
マンデリンなんか似会いそう


令実様

実際に昨日仕事の前に喫茶店でコーヒーを
飲んでいたらこの曲が流れてきました

キャロル・キングは好きな歌い手です

でその事を何となく思い出したら
こんな感じに文章が浮かんできました

令実さんの歌・曲と画像も素敵ですよ
歌詞も感覚的に好きですね^^

次の曲お待ちしています^^









コメントを違反申告する
アバター
2019/09/08 23:38
静かに流れていく時間と景色、内に波立つ心。
淡々とした中の灼け燻る古傷と哀愁。

詩の世界観に惹かれ
キャロル キング-It's Too Late がわからなかったので聴いてみました。
詩の情景にとても自然に馴染みました。
ステキな世界を見せてくれてありがとう。(*^^*)

Carole King - It's Too Late
https://www.youtube.com/watch?v=VkKxmnrRVHo
コメントを違反申告する
アバター
2019/09/08 22:02
まるでそんな単純なことを思いつかなかったように
街の雑踏の風景にキャロル・キングが合う。
人の流れは何処かへ向かっているようで
結局何処にも辿り着けないのではないか?と。
傷も大きくなっていくようで、実は時間の中に
癒されて埋もれてしまうのかも知れません。
すれ違いが孤独なのではなく
こうして一人で喫茶店に居ることの淋しさ。
コメントを違反申告する
アバター
2019/09/08 21:39
人の流れも、気持ちも戻る事は無いのでしょう
ですけれども、人の流れは遣り直しが効くかも知れません
気持ちは、どうなのでしょうね
戻したい想いが無くては、戻らないものなのでしょう

広がっていく傷は、加速していくものでしょう

誰も修復しようとしないのでしたら、距離は無限大に離れていくものと思います
コメントを違反申告する



月別アーカイブ

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010


Copyright © 2019 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.