Nicotto Town



松葉ぼたんはお寝坊さん

松葉ぼたんはお寝坊さん

少し冷やかになってきた
朝の空気をベッドにして
小さなかわいい花びらが眠っている

通勤者たちの足音がうるさいのか
いやいや片目を開けてしかめっ面をしている

松葉ぼたんはお寝坊さん

夏の終わりの精一杯の光の下で
蝶と遊ぶ事しか夢見ない
罪も汚れもない子供の寝顔

松葉ぼたんはお寝坊さん



またまた手抜き
これも二十歳頃に書いた詩です

駅へ行く道にある一軒の家の
脇に咲いていました

花ってモヤモヤしたり
傷付いた心を癒してくれます

ある種の不安、やるせなさもね・・・
罪も汚れもある自分との対比・・・

昔は純情?だったのかも


アバター
2019/10/09 17:13
のりかん様

お久しぶりです
お元気ですか!

道端に・・・ちょうど塀と道路の境目に
いくつも咲いていました

色も数種類あり
小さくてかわいらしい花です

めでるなんて大それたことではなく
清涼剤的なものでしょうか?
コメントを違反申告する
アバター
2019/10/09 16:07
お久しぶりです

二十歳頃に花を愛でることができるなんて
素晴らしいことです

松葉ぼたん?
さっそく調べてみます^^
コメントを違反申告する
アバター
2019/10/09 10:17
ねこみみ様

半分眠ったままの頭で
満員電車で学校へ!

めげそう

なんて思いつつ道端の小さくてきれいな花が
目に留まりました

その後毎日横を通るのが楽しみに・・・
朝の目覚めのワンポイントになりました

今も松葉ぼたんを見ると
その頃を思い出します
コメントを違反申告する
アバター
2019/10/09 03:02
小さな花を愛おしく想うセカンドさんの気持ちが伝わってくるようです。最初と最後が同じなところがキュッとしますね☆彡
コメントを違反申告する
アバター
2019/10/06 02:09
松葉ぼたん自身も可愛らしいですね

朝に見ると
萎えた心を優しくフォローしてくれる

励ましの小さな花
そんな感じでしょうか

一番星を夕方見つけるように
可憐な花を朝に見つけるのもいい感じです
コメントを違反申告する
アバター
2019/10/05 17:28
とても可愛らしい詩ですね^^
セカンドさんは若かりし頃からこの様な言葉を綴られていらっしゃったのですね。

>昔は純情?だったのかも
いえいえ、きっと今も変わりませんよ。

松葉ぼたんの愛らしさが引き立つ様々な表現
眠い目で「むー」等と唸っているかも知れません。
汚れなき、松葉ぼたんの可愛らしさが
十二分に表現されていらっしゃいます^^
コメントを違反申告する



月別アーカイブ

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010


Copyright © 2019 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.