Nicotto Town



花びらを探しに行こう

遠い日の思い出は
ぼやけているけど印象的だ

笑った顔
怒った顔

笑った声
怒った声

化粧の香り
香水の香り

服の色目
髪の形

遠い日の思い出は
ぼやけているけど印象的だ

花びらが風に舞い散るように
一つ一つが落ちてきて欲しいな

その一つ一つ手のひらに集めて
思い出の押し花を作りたいな

いつまででも見ることが出来る
ノートに貼り付けておこう

ページを開くと
どんな顔が見え

どんな声が聞こえ
どんな香りがするのかな

明日作ろう
花びらを探しにいこう

この春の
青い空の下へ


2011年に別ブロに書いたものです
この詩を選んだわけではありません

何気なく見ていたら出てたものです




アバター
2020/04/25 00:33
奈柚 様

アレクだったらもっと力強く書くのかな?
秘めた情熱?

ん~愛情を注ぐってエネルギーがいるよね
半分は相手からもらっているような気がする

それは表情、声、香り?とか存在そのものから
そして注ぎ続けるのは根気から?
コメントを違反申告する
アバター
2020/04/24 19:09
誰かの思い出を繋ぎ止めようとする
その努力が愛情だよね
コメントを違反申告する



月別アーカイブ

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010


Copyright © 2020 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.