Nicotto Town



落ちていくもの・・・

悲しみの重さに耐えきれず
また星が一つ海へと落ちた

水しぶき一つ立てず
何一つ音もたてずに

それはオブラートに幾重にも包まれて
青い色以外本当の姿がわからない

砂浜に私の涙が落ちた
陸地から海に向かって吹く風が冷たい

私の嗚咽は波の音が消し去った
そして涙は砂浜に消えていった

私の想いはこんなにもはっきりと
浮かび上がっているのに

一つ一つ全てが周りから消えていく
この夏が終わってしまうように

うるむ景色の中に
また一つ星が海へと落ちて行った

静かに
そして無言で




アバター
2020/09/27 01:52
吉春 様

海に何かを感じるのはそれなりの何かがあるのでしょう
遠い昔から人間の本能の中の何かが・・・

空とは違った感覚です

青空は清々しさ、解放感、希望、夢・・・
曇り空には重苦しさ、鬱陶しさ、儚さ、悲しさ・・・

海はそれらを全てひっくるめた感がありますね
人の心を包み込むような

潮の香、波の音
凪いでる海、怒っている海

心の鏡のような気もします

星の落ちるところはやはり海しかないのかもしれません
コメントを違反申告する
アバター
2020/09/25 19:59
セカンドさんこんばんは、
落ちゆくものは水色であり、空の星屑に例えられ、耐えきれず心から零れ落ちたのですね。
そんな夏の夕暮れが私にもありました。遠いふるさとの空の下でした。

言葉の語源に関する話は、お城跡にて時折師匠が語られます。
海は生みと読みを同じくするばかりでなく命の母でもあります。
心ここ(胸)に在りて息をしながら生き、あふれ出でて母のもとへと帰っていった。
まあ、たんなる屁理屈かもしれませんが、なにか感じて戴けたら幸いです。
コメントを違反申告する
アバター
2020/09/07 00:04
粋生夢詩 様

自分ではこんなに想っているのに伝わらない
どうしたらいいのかわからない

そんな感じです
可能性が一つ一つはがれ去っていく・・・

そんな時の海の景色と波の音
空しいです

でもそれは今の瞬間
大切なのは次のステップかな
コメントを違反申告する
アバター
2020/09/06 11:02
潮騒に消えてしまうほどの泣き声。
砂浜から海へ帰ってゆく涙。
去りゆく夏の後姿を想ってでしょうか?
それとも・・・。
落ちた星と同じで悲しみは人知れず一人きりで
消えてしまうものなのでしょうか・・・。
コメントを違反申告する



月別アーカイブ

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010


Copyright © 2020 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.