Nicotto Town


げーむばあば


栗の甘露煮

今日は、ではなくもう何日も前からの…買ってきた日も加えれば栗の残りで・・・作りました。

気が早いようですが栗といえば、おせち料理のため、きんとん向けです
それがややこしくて・・・

先ず栗のからとしぶ皮取り、これは熱湯にしばらくつけてやわらかくしてから。
とにかく面倒くさいと思っても根気よく!

さて剥ければ一晩水に、できたらミョウバンを入れあくぬき。

栗500gに焼ミョウバン小さじ1、これはただの…焼?ではない、在庫何年前か知らないがありました。そこで圧力鍋にアルミ十字に切った蓋をして強火、沸騰後弱火で2分。あとは急冷!
水を変え繰り返し…私はこれ抜きでした。。

砂糖は250グラム、これの4分の1を鍋に入れふたなしで溶けるまで。そこに栗を入れ沸騰させる。そのまま涼しい所で1番置く。

次にまた4分の1量の砂糖を加えすばやく煮溶かす。(栗は煮ないであと戻して味を含ませる。)これをあと2回繰り返し完全に冷ましてから熱湯消毒した瓶に詰め、栗が出ないように
砂糖液を入れる。

60度の湯に中すを敷いた圧力鍋に入れ沸騰後10分加熱。(ところが鍋のふたとビンの蓋との勘違いで、圧力鍋でしたのですが(ー意味なーい)!自然放置後、本来は鍋ふたをきつく締め、)-これはふたなしでタイム10分図り寝てしまい…そもそも間違ってるまま。終了して
ぬるま湯で覚ます。

 やはりこれではいけないな、とやっときがついた私!
昨日、やり直し、もう一度、圧力鍋にてふたを閉め、レシピ通り10分の加熱後、自然放置した鍋よりボトルを取り出し、金物製のふたを閉めました。開けようとしたけどなかなか開けられないまま、冷蔵庫へ。

何とか無事に出来上がっていた!
牛乳に栗の甘露煮下駅を加え温めて飲んでみたけど味は上々!






月別アーカイブ

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010


Copyright © 2019 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.