Nicotto Town


速水猛のブログ アルカディア「Ἀρκαδία 」


ここは、小説もあるよ

孤剣(銭安の頼み」

そして、伊庭大介は、雨がやんだ頃を見計らって、外に出ていく
夕闇の迫る、稲毛の町をまた歩いていく、そして、露地に入り込んでいく、銭安の身内がっけてくる、親分の(銭安)もふんぞり返っている、そして、露地の奥の行き止まりにくると、銭安の身内と、対決をする、大介は、銭安の身内の繰り出してくる、竹やりを足場...


孤剣

海からの風が吹き荒れる、ここは房総半島の上総の国、時は嘉永年間の夕方
しばらくすると、小川の近くを栗毛の馬に乗った、浪人者が走ってくる、その男の名は「伊庭大介」いわゆる浪人者だ、顔は彫りが深くまるで異人の血が混ざっているようにも見える
背は高く六尺もある、着ている着物も、少し埃で汚れている、腰には革...


「新宿の狼」臨場

て、ここは、矢追町で、事件の発生した、現場である、すでに先着した、「所轄」の強行班と、鑑識が現場を調べている、そこに到着した(東雲たち
「東雲」「ここが現場か、なにか手掛かりがでるといいが」と、封鎖線をくぐり、「新妻たち」を率いて、中にはいる銃対と書かれた、
腕章を袖に通し現場を観察していく、そこに...


新宿の狼「事件発生」

さて、ここは・暑の中にあるデカ部屋である、
「東雲」「さて、今回の山は、本店の管轄では、まだなく、うちら、ここの支店が、解決に当たる、全員は、装備を装着せよ」「新妻」「了解」みなは、ロツカーを開け、新妻はパイソン357を取り出す「安倍」は、コルト、ディテクティブスペシャル38口径を、取り出し、それぞ...


『新宿の狼』(しんじゅくのおおかみ)本編

さて、ここは新宿署の鑑識である、ここに「銃対」の二人の刑事が来ている一人は男の刑事で、服装はやはり背広である、名前は「新妻」という階級は、警部補である「モデルは、特捜の頃の誠直也」もうひとりは女性で、名前は「安倍」階級は、巡査部長である、服装はデニムの上下である、「モデルは長谷直美」 「新妻」「この...





Copyright © 2019 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.