Nicotto Town


速水猛のブログ アルカディア「Ἀρκαδία 」


ここは、小説もあるよ

ガンオンの100式改とブルーディスティニー1号機

今、別アカウントで手に入れたこの二機を愛用している
この二つはどちらも、カスタム的には高速と火力を重視している、百式改は、銀図だが、例えていうなら
ゼロ戦の様に、ある程度早く、火力もあり素早い動きを取れる機体だから、これから使い続ければ長い間には色に目をつぶれば、専用機に出来るし、エースになれるかも...

>> 続きを読む


ぶんやの羽織ゴロ

昔は新聞記者は羽織ゴロと言った。羽織を着たゴロツキという意味だ。とても正業とは言われなかった。それが高収入と「社会の木鐸」といううわべだけのスローガンに吸い寄せられるようにして高学歴のいわゆる「頭の良い」学生たちが集まるようになった。元をただせばペンを使った暴力行為をする人たちだ、
というのは、今で...

>> 続きを読む


間合いの差

これは、もし相手と試合するときに、自分の得物の長さ足す腕の長さを言う、例えば175センチの男が、一尺5寸約45.45cmの小太刀で、定寸の刀と渡り合うとする、普通に考えると長い方が有利と思われるが、狭い所などに相手を詰めていけば、長さよりも、小回りのきくものが有利となる、本身の刀というものはとても、...

>> 続きを読む


OK牧場の決闘

1881年10月26日、ワイアット・アープらを始めとする市保安官たちと、クラントン兄弟をはじめとするカウボーイズ(英語版)がアリゾナ州トゥームストーンの町で撃ち合い銃撃戦となった[]。これは正式な意味での決闘ではなく、表面的には市保安官が銃所持者を武装解除しようとした際に発生した銃撃戦と言える。そし...

>> 続きを読む


鍋蓋と無手勝流

これは、頓知のきいた話であるかも知れない、塚原 卜伝(つかはら ぼくでん)の話で『甲陽軍鑑』に伝わる]「無手勝流」がある。この中で、卜伝は琵琶湖の船中で若い剣士と乗り合いになり、相手が卜伝だと知ったその剣士が決闘を挑んでくる。彼はのらりくらりとかわそうとするが、血気にはやる剣士は卜伝が臆病風に吹かれ...

>> 続きを読む





Copyright © 2019 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.