Nicotto Town


ジュンチャン


釣り師ジュンチャンのお気楽なブログ
お暇な折に遊んでください。

ロシアのアネクドート傑作集から その11 

その1コルホーズの議長が、共産主義になったら洋服も手に入るし、食べ物も腹いっぱい食べられるようになる、と言った。
 そのとき1人のお婆さんが立ちあがって、天を仰いで言った 。
「ああ嬉しい! やっとツアー(皇帝)がいた頃に戻るんだね」  その2スターリンが神に代わって新たな人民の指導者...

>> 続きを読む


ロシアのアネクドート傑作集から その10

その1アメリカに追いつくのはいいが、追い越すのはマズいのかもしれない。
なぜ?
追い越すと、ズボンが破れているのを見られるかもしれないからだ。 その2レーニンはロシアという荒地に木を植えて森にした。
スターリンは森からはみだした木を刈って林にした。
フルシチョフは林にしたスターリ...

>> 続きを読む


ロシアのアネクドート傑作集から その9

その1Q.森の中で大きなクマに出会ったら、ロシア人はどうするか?A.うしろに並びます。
 その2「あなたの父は?」
「共産党です」
「あなたの母は?」
「祖国ソヴィエトです」
「では、あなたのなりたいものは?」
「孤児です」
その3運悪くロシア騎兵が近くに宿営した農家
...

>> 続きを読む


ロシアのアネクドート傑作集から その8

その1ソ連の科学アカデミーがアダムとイブはロシア人であったに違いないと言う結論を 出した。理由は以下の通り。

彼らは食べるものはリンゴしかなく、着るものはいっさい持たず裸で、しかもエデンの園から出ることを禁じられていた。
そのくせ、彼らは自分たちが天国にいることを疑わなかった。 &nb...

>> 続きを読む


ロシアのアネクドート傑作集から その7 

その1 アメリカの観光客がロシア人に自慢している。
「わたしは車を3台も持っている。私のと妻のと、高校生の息子のだ。」
ソ連人が冷やかに笑って言った。
「ソ連では車なんか必要ないですよ。
 モスクワには世界一の地下鉄があります。
 私は毎朝、それで通勤します。
 買い物は遠くまで行かなく...

>> 続きを読む





Copyright © 2019 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.