Nicotto Town



プロジェクトセブンのキャラについて日記を書こう♪

「後輩君、ちょっと手伝ってくれないか」
「二週、続けてですか。いつものように下手な創作小説を書けばいいじゃないですか」

「今回のお題のハードルが高すぎるんだ。昨日のポーランド戦、消化不良だよねと話しかかられて、見てないからどうリアクションしていいか困ったときみたいだ」
「それ、今朝のミーティングで...

>> 続きを読む


自分の中のささやかな自慢(中華編)

「後輩君、今週のお題は、自分の中のささやかな自慢だそうだ。僕は、奥ゆかしいから、君が僕のいいところ言ってくれ。」
「もう、お題は、ニュースに変わっていますよ。」

「いいから、早く、言いたまえ。」
「思い当たる点がないですね。」

「今日のお昼は、誰がおごってくれんたんだ。」
「先輩ですけど、198...

>> 続きを読む


紫陽花

 珈琲を飲みながら、カフェの入り口を眺めると、お昼時を随分過ぎたのに、席が待つ人が通りにまで並んでいる。
「6月も終わりに近づくと、空いているんじゃなかったの」
 北鎌倉の駅を降りてから、敦子は何度も繰り返している。紫陽花で有名な寺を出てからは、言葉に含まれていた棘が、むき出しになっている。
「一枚...

>> 続きを読む





Copyright © 2019 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.