Nicotto Town



雪仏(ゆきぼとけ)

暖かな春の日差しが私の体を溶かしている
私が消えてしまう前にもう少しお話をしていいですか
あなたは私を作ってくれた凍える手で寒さに震えながら
あなたの息は温かかったその温かさが私に命を与えてくれた
心にわだかまりを持っているのになぜあなたの心は温かいのですか
私の吐く冷たい息があなたの心の黒い病巣を...


朽葉色


朽ち果てた心の中を光が抜けていった
温かさがそこにはあった
少しだけ甦る恋の足音が響きあう
浮かび上がる記憶と幻影が雨の雫のように滴り落ちてくる
一人歩け夕焼けの中最後の強い照り返しを受けながら
眩しさに目を細め朽葉色を紅く染めながら



朽ち果てた心も何かを加えると甦る?
梅雨の晴れ間にふと安...


嵐の夜

嵐の夜窓を少し開けて外を見ている
稲妻が光る君の横顔が白く輝く
瞬間黒髪がなびく破壊的な轟音と共に
君の唇が微かに動いたあの時と同じだ
花が咲いていた満開の桜だ
抜けるような青空の元君の横顔が眩しかった
瞬間春の風が吹いた花びらが空に舞った
あっと君の唇が微かに動いた
全てが美しかったよみがえる時の...


始めの一歩


昨日までの心を埋めた深い深い穴を掘って
少し盛り上がった地面から微かな叫び声が聞こえる
気にもせず私はその上に新しい心を打ち建てる
以前より少し大きくそして堅固な作りで
またいつもの繰り返し今度の心はいつまで持ちこたえるのだろう
新しい何かを作る時過去は全て埋めてしまえばいい
その上にふんぞり返っ...


花を咲かせる

わたしの淡い緑色があなたの透明な緑色と重なった輪郭の整った濃い緑がそこに現れた
こうして二人でいるときがお互いの存在がわかるとき
春に芽吹く木々の小枝の優しい緑色がわたし本来の色と思っていた
その枝を揺らす心地よい春の風があなただと知ったときのざわめき
風のあなたは微かな緑の香りがした不思議な緑色だ...





月別アーカイブ

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010


Copyright © 2020 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.