Nicotto Town



冬の影絵

長い影が突き刺すように冷たい石畳に映る
冬の沈みゆく日差しに私は目を細める
その光に感じる温かさにあの時のあなたのぬくもりを思い起こす
葉を落とした街路樹の枝が鋭く私の心を切り裂く
うつむき視線を歩道の石畳に移す幾重もの影を目で追う
北風が吹く私だけに
無言で立ち尽くす私の前を何人もの無表情の人が通...

>> 続きを読む


それは黒いシミ

白いテーブルの黒いシミを消す白い壁紙の黒いシミを消す
冷水に浸したタオルを絞り力を込めてこする
消えない何度拭いても
次の日もまた次の日も私はこすり続けた
ある日そのシミから赤いものが流れ始めた
瞬間たじろぐ私がいたそのシミには赤い血が流れていたのだ
シミが生きている
その時初めて痛みを感じそれが自...

>> 続きを読む


冬を食べる

冬を食べる私は白い冬を食べる
凍える冬を食べる目の前の冬を食べる
その夜は星が輝く氷の夜に星が瞬く
白い冬の黒い夜に青い星が輝く
その光は鋭く心を突き刺す私は立ち止まり光を受け止める
止めどなく涙がこぼれる全ての温かさが消えてしまったから
私は冬を食べる夢を見ることも無く白い冬を食べる
凍える夜に冬...

>> 続きを読む


晩鐘に啼く

鐘の音や目を赤くして鳴く鳥に秋風痛し日暮道かな

晩鐘が聞こえる茜色に染まった空のもと
高い鳴き声も苦しそうに目を赤くして一羽の鳥が空を横切っていった
そんな日暮道を帰る私に秋の風が冷たく吹きよせる
ありきたりの風景がありきたりではない
景色も紅く染まる今私の心にさらに冷たい風が吹いた
もうすぐだこ...

>> 続きを読む


化石

灰色の世界の中で思考が停止した
化石のように固まってしまった私
揺れるブランコに乗りながら上下に動く景色をただ見ている
今背中を押してくれている人は誰
それはあなたの優しさと違ったやさしさ
もう少ししたら私は溶ける熱い紅茶に入れた白い砂糖のように
もう少ししたら私は振り向くあなた以外の他の香りを求め...

>> 続きを読む





月別アーカイブ

2021

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010


Copyright © 2021 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.